額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



概要

他院修正で満足出来なかった方へ

目を開けやすく

目が開きにくい状態を眼瞼下垂症と呼びます。
完全な一重瞼の方はまつ毛の上に皮膚が多くかぶさっていますので、一見眼瞼下垂症に見える事がありますが、眼瞼下垂ではない場合も多いので、十分な診察が必要です。

眼瞼下垂症は症状が進むと病気の部類に入ってきますが、美容外科で手術を受けられる方は病気の部類には入らない程度の方がほとんどです。
目の開きの正常範囲にはかなり幅があり、眼瞼下垂という病気の部類には入らないが、生まれつき目の開きがよくない方は、10人に3~4人はいらっしゃいます。

目の開きをよくする方法には、直接目を開けやすくする挙筋腱膜前転術と、瞼の皮膚、眼輪筋、脂肪を切除し、瞼を軽くして間接的に目を開けやすくする眉毛下切開法があります。

眼瞼下垂(挙筋腱膜前転術)

挙筋腱膜前転術には皮膚切開をともなう方法と、目の裏(結膜側)から行う方法があります。
若い方の場合、二重の幅を広げる目的が多いので、皮膚切開をして同時に二重の幅を広げる場合がほとんどです。
過去の瞼の手術が原因で挙筋腱膜を損傷して目が開き難くなった場合や、二重切開で作った二重の幅を狭くする場合にも挙筋腱膜前転術を用いて修正手術を行っています。

眼瞼下垂(他院修正)

眼瞼下垂

眉毛下切開法

眉毛下切開は瞼を薄くしたり、二重の幅を広くするのが主な目的ですが、瞼が軽くなるので結果として目が開けやすくなります。

埋没法や二重切開法で二重の幅を広くすると、一般的に目の開きは小さくなります。 広くなった二重が目の開く際の抵抗となってしまうからです。

元々目の開きが悪い方の場合、二重の幅を広くするとさらに目の開きが悪くなってしまうため、眉下切開法で二重の幅を広くする場合があります。

眉下切開+ROOF切除

眉下切開

埋没式挙筋腱膜縫縮術

上記の方法以外に、目の裏側から糸を使って筋肉を縫い縮める、埋没式挙筋腱膜縫縮術があります。
挙筋腱膜前転術ほどの効果はありませんが、腫れも少なく、皮膚切開をしませんので傷跡も残りません。


実際に当院で手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。
詳しくは院長ブログをご覧ください。