鼻孔縁形成 眉上切開 眉上切開

診療案内

鼻孔縁下降術

他院修正で満足出来なかった方へ

鼻のカウンセリングについて
鼻の他院修正について

鼻孔縁下降術が向いている方とは

  • 正面から見た時に鼻の穴が見えすぎる
  • 鼻の穴の形を変えたい(三角形に尖っているなど)
  • 鼻が上に向いて見える

手術概要

鼻孔縁下降は小鼻の縁を長くする手術です。小鼻の縁が下に伸びる事で鼻の穴が見えにくくなり、鼻先が下に向いて見えるようになります。鼻中隔延長術で鼻先は伸びたが、小鼻が硬く伸びにくい時にも行います。

耳から皮膚と軟骨を採取し、小鼻の裏側に移植します。鼻先を高くする時に用いる耳介軟骨よりも薄く柔らかい軟骨を移植します。傷は小鼻の裏側ですので外からは見えません。

鼻孔縁下降のイメージ

実際に当院で手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。詳しくは院長ブログをご覧ください。


カウンセリングから手術日までの流れ

  1. 初回カウンセリング
    (初回カウンセリングと同日の手術は行っておりません。現在服用されている薬がございましたら、医師にお伝え下さい。)
  2. 血液検査(手術の1週間前までに行って下さい)
  3. 手術日を予約した日から3日以内に予約金をお支払いください(お振込も可能です)。
  4. ご手術当日に御来院ください。

手術当日の流れ

  1. 術前カウンセリング
  2. 洗顔後、手術前後を比較するため写真撮影をします。
  3. 問診・血圧等測定・鼻の消毒(現在服用されている薬がございましたら、事前に医師にお伝え下さい)
  4. 鼻と耳に局所麻酔を行います。
      痛くないポイント 術前に痛み止めと軽い安定剤を服用していただきますので、緊張、痛みはあまり感じません。
    当院では33ゲージという極細の針を使用していますので、痛みはあまり感じません。
    (通常美容外科での使用サイズは30ゲージですが、当院ではそれより更に極細の33ゲージの針をオプションではなく通常使用しています。それ以外にはご希望により35ゲージの針のご用意もあります。別途5,000円)
    ※ご希望の方は、静脈麻酔のご用意もございます。
  5. 耳から軟骨と皮膚を採取し、小鼻の裏側に移植します。

治療経過とアフターケア

手術時間約90分(カウンセリングや準備等で別途1時間かかります)
麻酔局所麻酔(ご希望により静脈麻酔のご用意もあります)
使用する針のサイズ33ゲージ(ご希望により35ゲージも可能別途5,000円)
傷跡皮膚も移植するので残りますが、外からは見えません
腫れ1週間
固定鼻栓2日間
抜糸7日後~10日後
洗顔抜糸翌日から
シャワーシャワーは翌日、入浴は抜糸後
治療期間・通院翌日治療、1週間後抜糸、手術から2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後
(術後診察に診察料は掛りません)

Q&A

Q. 術後小鼻が不自然になりますか?

A. 小鼻の縁の形に合わせて正確に移植する軟骨のデザインをすれば不自然にはなりません。傷跡も外からは見えないので、手術を受けた事も周りの人にはわかりません。

Q. 術後小鼻が大きくなりますか?

A. 小鼻の縁が長くなるという事は小鼻の面積は増えてしまいます。元々、この手術は適応になる方は小鼻が比較的小さい方ですので、通常問題は起こりませんが、小鼻が大きめの方でこの手術を受けられる場合、鼻孔縁挙上術を併用しなければならない場合があります。実際には鼻孔縁挙上術と鼻孔縁下降術を組み合わせて行う事も多いです。

症例写真


手術概要

鼻孔縁下降術(小鼻のフチを下げる)を行いました。耳から軟骨と皮膚を採取し、小鼻の裏側に移植します。小鼻のフチが下がり、鼻の穴が見えにくくなりました。小鼻の裏側からの手術なので、表面に傷跡はありません。鼻孔縁下降術(小鼻のフチを下げる)を行いました。耳から軟骨と皮膚を採取し、小鼻の裏側に移植します。

今回のモニター様のような小鼻の形(鼻の穴が三角に尖っている)の場合、鼻中隔延長術を行っても小鼻のフチは下がらない事が多く、今回のモニター様のような小鼻の形(鼻の穴が三角に尖っている)の場合、場合によっては数年後に元の鼻の穴よりも目立ってしまうことがあります。鼻中隔延長術の大きな合併症の一つです。

今回は鼻孔縁下降術のみの適応でしたが、症例によっては、鼻孔縁挙上術も適応になることもあります。

鼻孔縁下降術と鼻孔縁挙上術は同時に行う事ができないため、その場合は、変化が大きい方の手術を先に行い、数か月後に残りの手術を行います。

小鼻は鼻の中では小さなパーツですが、小鼻のちょっとした変化で、鼻全体の印象が大きく変わります。

・手術料金:鼻孔縁下降450,000円(税抜)・リスク・合併症:鼻孔縁の不整・左右非対称・腫脹・疼痛・発赤・嘔気・嘔吐・発熱・感染症・皮膚壊死・麻酔による合併症

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。