額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



フェイスリフト

他院修正で満足出来なかった方へ

他院で受けた手術の修正についてはこちらをご覧ください。

概要

フェイスリフトは、加齢とともにたるんできた顔や首のシワ・タルミを改善し、全体的に外見の若返りを目的とする治療です。
シワにはヒアルロン酸やボトックスなどの注入が非常によく効きますが、タルミには注入系の治療は効果がありません。
手術によらない方法としてRF×IPLによる治療がありますが、手術ほどの効果はありません。

手術によるフェイスリフトには切開式フェイスリフトと糸によるリストがあります。
リフトに用いる意図は、近年様々な改良が加えられていますので、挿入の方法を工夫すれば、切開式リフトに匹敵する効果があります。

切開式リフトは古くから行われている方法ですが、最近ではSMASやリガメントを処理を含めた方法が主流となっています。
SMASやリガメント処理は単にリフト効果を上げるだけではなく、傷にかかる力を減弱させますので、耳タブの変形、目立つ傷跡を防ぐ効果もあります。
根本であるSMAS筋膜を引っ張っていないと、一時的には改善されても元に戻ってしまいますし、耳たぶの変形、目立つ傷跡など、若返り効果以外の様々な後遺症を残します。治療をお考えの方は、十分にカウンセリングをし、ドクターの経験と実績、技術(症例数)を確認した上で治療をお受けになることをおすすめします。当院の院長は十仁病院の副院長として600例以上のフェイスリフトを執刀しており、他院の修正も積極的に行っております。

リフトする部位は、額、こめかみ、頬、首の4ヶ所です。4ヶ所すべてのリフトをトータルフェイスリフトと呼び、10~15歳の若返り効果が望めます。
こめかみから頬骨にかけてのリフトをミッドリフトと呼ぶこともあります。 一番希望が多いのが頬のリフトで、お顔の下半分のタルミに非常に効果があります。額のリフトはシワだけでなく、眉を引き上げる事で、目の周りの若返りに非常に効果があります。

フェイスリフトの種類