額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



概要

他院修正で満足出来なかった方へ

目の下のタルミ、くぼみ、クマ、涙袋

目の下のタルミやクマは筋肉(眼輪筋)や皮膚のタルミ具合によって手術法が変わってきます。
若い方の場合、筋肉や皮膚にはタルミが少なく、主な原因は目の下の過剰な眼窩脂肪であることが多いので、瞼の裏から眼窩脂肪を切除する経結膜脱脂が適応になります。

少し年齢が上がってくると筋肉や皮膚に緩みが出てきますので、クマやくぼみが出てきます。
眼窩脂肪を切除するだけではくぼみが残ってしまう場合が多くなりますので、眼窩脂肪をくぼみに移動させる手術(目の下脂肪注入、目の下脂肪移動術)が必要になってきます。
クマやくぼみが軽度であればヒアルロン酸注入も効果があります。

さらに年齢が上がり、筋肉や皮膚のタルミが顕著な場合は、たるんだ皮膚や筋肉の切除が必要になります。簡単に皮膚と眼窩脂肪を切除して改善する場合はありますが、多くの場合、筋肉のタルミが合併していますので、眼輪筋つり上げ術を行い、皮膚と眼輪筋両方を強力に斜め上方に引き上げます。 くぼみやクマが高度の場合、眼輪筋つり上げ術と同時に脂肪移動(ハムラ法)を行います。

さらに手術範囲を頬上部まで拡大し、目の下からのミッドリフトを行うことも可能です。
クマよりもさらに下のくぼみ(通称ゴルゴ線)にはミッドリフトが適応になります。
ゴルゴ線にヒアルロン酸や脂肪を注入してもほとんど効果はありません。

涙袋について 下まぶたのまつ毛の下のふくらみを涙袋といいます。
生まれつき大きい方と、ほとんどない方がいらっしゃいます。
涙袋は目を立体的に見せるため、目元が魅力的になります。
ヒアルロン酸を注入する事で簡単に大きくすることが可能です。

経結膜脱脂

若い方に向いているタルミ取り

目の下のタルミ、くぼみ、クマ、涙袋

少し笑っているところ

目の下のタルミ、くぼみ、クマ、涙袋

目の下タルミ取り+眼輪筋つり上げ

皮膚の余りが多い方に向いているタルミ取り

目の下のタルミ、くぼみ、クマ、涙袋

目の下のタルミ取り+眼輪筋つり上げ+ハムラ(脂肪移動術)

皮膚の余りと、脂肪が多く、クマが出ている方に向いているタルミ取り

目の下のタルミ取り+眼輪筋つり上げ+ハムラ(脂肪移動術)

実際に当院で手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。
詳しくは院長ブログをご覧ください。