額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



他院修正で満足出来なかった方へ


手術概要

小鼻形成には、症状に合わせて様々な方法があります。
小鼻が丸く外に張り出し、鼻の穴が大きい場合には、小鼻縮小術(外側切除法)が適応になります。
小鼻が小さくなり、鼻の穴も小さくなります。

小鼻の張り出しはないが、左右の小鼻のつけ根の幅が広かったり、笑うと小鼻が左右に広がりすぎる場合には、鼻幅縮小術(内側基部切除法)が適応になります。
指でつまむのと同様の効果があります。

小鼻がぼってり厚く、鼻柱よりも小鼻が下に長い場合は、鼻孔縁挙上術が適応になります。
小鼻の肉厚を薄くしたり、小鼻の縁の形を変える事ができます。
鼻の穴が見えすぎる場合には、鼻孔縁下降術で小鼻のフチを下げます。

鼻孔縁拳上術と鼻孔縁下降術を組み合わせて行う事で、小鼻の形をかなり変化させる事が可能です。


手術の種類

鼻孔縁挙上術

小鼻の縁にそって、小鼻の皮膚と軟部組織を切除します。
元々厚ぼったい小鼻の方にも行いますが、小鼻縮小術後に厚く、くびれが目立つ小鼻になってしまった場合や、小鼻縮小の術後、鼻の穴が狭くなってしまった場合にも効果があります。
見える部分を切開しますが、通常の小鼻縮小術の傷跡よりも目立ちません。

鼻孔縁下降術

耳から皮膚と軟骨を切り取り、小鼻の裏側に移植します。
鼻の穴を見えにくくしたり、三角に尖った鼻の穴の形を変えることができます。
傷は外からは見えません。

小鼻縮小術(外側切除法)

丸く張り出した小鼻のつけ根にそって切開し、3~6mm幅で鼻翼(小鼻)を全層切除します。
小鼻の張り出しが強い場合に非常に効果的ですが、小鼻の外側は皮脂腺が発達している部位なので、縫合した糸による皮膚の炎症を避けるため、早期(2日目)の抜糸が必要です。

鼻幅縮小

鼻の穴の中を切開し、フラップを作製し、小鼻の中央に引き寄せます(内側切除)。
小鼻のつけ根を切開するフラップ法(内側基部切除)の方が効果が高いです。


実際に当院で手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。
詳しくは院長ブログをご覧ください。