鼻孔縁形成 眉上切開 眉上切開

診療案内

他院修正で満足出来なかった方へ

口唇を小さく(口唇縮小術)

口唇縮小が向いている方とは

  • 唇を薄くして知的な印象を持たれたい
  • シャープで魅力ある唇にしたい
  • 唇を上品なイメージにしたい
  • たらこ唇を治したい

手術概要

最近は厚い唇が流行っているので、女性で唇を薄くしたい方は以前と比べると少ないですが、男性では需要があります。
小さくするには限度がありますが、約半分くらいまでなら、薄くすることができます。

カウンセリングから手術日までの流れ

  1. 初回カウンセリング
    (初回カウンセリングと同日の手術は行っておりません。)
  2. 手術日を予約した日から3日以内に予約金をお支払いください(お振込も可能です)
  3. 血液検査(手術の1週間前までに行って下さい)
  4. 現在服用されている薬がございましたら、事前に医師にお伝え下さい。
手術当日の流れ
  1. 術前カウンセリング
  2. 洗顔後、手術前後を比較するため写真撮影をします。
  3. 問診・血圧等測定
  4. 術前デザイン
    縮小したい部分や量を医師と相談しながら決めていきます。
  5. 局所麻酔で手術を行います。
    痛くないポイント 術前に痛み止めと軽い安定剤を服用していただきますので、緊張、痛みはあまり感じません。
    当院では33ゲージという極細の針を使用していますので、痛みはあまり感じません。
    (通常美容外科での使用サイズは30ゲージですが、当院ではそれより更に極細の33ゲージの針をオプションではなく通常使用しています。それ以外にはご希望により35ゲージの針のご用意もあります。別途5,000円)
    ※ご希望の方は、静脈麻酔のご用意もございます。
  6. 唇の皮膚と粘膜を切除します。

料金・治療経過

施術内容

費用(税込)

口唇の縮小術 上下各¥220,000
上下同時¥385,000
施術時間 片側約60分
麻酔 局所麻酔
腫れ 1週間程度
痛み 4日軽い痛みを生じる場合があります
傷跡 目立ちません
食事 当日から可
洗顔・化粧など 翌日から可
シャワー・入浴 シャワーは翌日から、入浴は抜糸後(1週間程度)から可
飲酒・タバコ 1週間後から可
仕事 1週間程度の休みが必要
運動 激しい運動に限り2週間後から可
備考 1週間程度は、柔らかい食べ物に控えていただきます。
また、激辛など刺激の強い食べ物も控えて下さい。
リスク・副作用 腫脹・血腫・左右不対称・知覚鈍麻・傷痕

※症状により個人差があります。

Q&A

Q. 治療後、注意することはありますか?

A. 食べ物については、1週間程度は柔らかい食べ物に控えること。
刺激の強い食べ物を控えることです。また、傷が乾かないように軟膏を塗っていただきます。

実際に当院で手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。
詳しくは院長ブログをご覧ください。