額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



鼻中隔延長を戻す手術

他院修正で満足出来なかった方へ

手術概要 | カウンセリングから手術までの流れ | 治療経過とアフターケア | Q&A | 症例写真

鼻中隔延長を戻したい方のお悩み

  • 鼻先の違和感が気になる
  • アップノーズの方が好きだった
  • 鼻先が長くなったことを受け入れられない

手術概要

鼻中隔延長術は短い鼻を長くしたり、鼻柱が奥に入り込んだ鼻をきれいに治す事ができる画期的な手術ですが、鼻先を構造的に大きく変化させる手術ですので、様々な合併症が起きる事があります。

修正手術で多いのは、下に向き過ぎたので上向きに変えたい、鼻先に移植した軟骨が透けて見える、鼻先が曲がっている、鼻先が硬くなったので軟骨を除去したい、などです。

鼻中隔延長術は軟骨を縦に移植しますので術後は鼻先がかなり硬くなります。

この事の説明が足りない場合、移植した軟骨をすべて除去して元の鼻に戻したくなってしまいます。

しかし、移植した軟骨をすべて除去すると元の鼻より低くつぶれてしまう可能性があります。

当院で鼻中隔延長術を受けられた方で、戻した例はありません。

鼻中隔延長術は元に戻さない事が前提の手術です。

延長した長さを短く、または延長した方向を変える

オープン法で行います。

縦に移植した軟骨と鼻翼軟骨の癒着をはずし、短くする場合は、移植した軟骨の長さを短くして再び鼻翼軟骨を先端に縫合します。

移植軟骨をすべて除去したい

クローズ法で行います(オープン法の方が簡単ですが、クローズ法で行う事ができます)。

移植した軟骨をすべて除去します。

鼻先は柔らかくなりますが、元の鼻より低くなる可能性がありますので、耳介軟骨を鼻翼軟骨の上に乗せて低くなる予防をします。

実際に当院で鼻の手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。詳しくは院長ブログをご覧ください。


カウンセリングから手術日までの流れ

  1. 初回カウンセリング
    (初回カウンセリングと同日の手術は行っておりません。現在服用されている薬がございましたら、医師にお伝え下さい。)
  2. 血液検査(手術の1週間前までに行って下さい)
  3. 手術日を予約した日から3日以内に予約金をお支払いください(お振込も可能です)。
  4. ご手術当日に御来院ください。

手術当日の流れ

  1. 術前カウンセリング
  2. 洗顔後、手術前後を比較するため写真撮影をします。
  3. 問診・血圧等測定・鼻の消毒(現在服用されている薬がございましたら、事前に医師にお伝え下さい)
  4. 鼻(耳)に局所麻酔を行います。
  5. オープン法もしくはクローズ法で手術をします。
  6. 耳介軟骨の移植が必要な場合は、片耳あるいは両耳から軟骨を切除します。

    痛くないポイント

    術前に痛み止めと軽い安定剤を服用していただきますので、緊張は和らぎますが、鼻中隔延長の修正術は手術時間が長いので、静脈注射を併用する方が多いです。(別途20,000円)
    当院では33ゲージという極細の針を使用していますので、痛みは軽減されます。
    (通常美容外科での使用サイズは30ゲージですが、当院ではそれより更に極細の33ゲージの針をオプションではなく通常使用しています。それ以外にはご希望により35ゲージの針のご用意もあります。別途5,000円)

治療経過とアフターケア

手術時間 約3時間(カウンセリングや準備等で別途1時間かかります)
麻酔 局所麻酔(ご希望により静脈麻酔のご用意もあります)
使用する針のサイズ 33ゲージ(希望により35ゲージも可能別途5,000円)
腫れ 2週間
固定 ギプス固定5日~6日
抜糸 4、7日目
洗顔 抜糸翌日から
シャワー シャワーは翌日、入浴は抜糸後
治療期間・通院 2~7日間数回に分けて治療、手術から2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後
(術後診察に診察料は掛りません)

Q&A

Q. 移植した軟骨を全て取り除くことは可能ですか?

A. 可能ですが、元の鼻よりも低くなってしまう場合があります。

Q. 鼻先の違和感は軟骨を再移植したら残りますか?

A. 耳介軟骨移植は.鼻中隔延長とは違う方法なので、違和感は少ないです。


症例写真

手術概要

他院で受けられた鼻中隔延長術を元に戻し、耳介軟骨でアップノーズにしました。
術後1ヶ月です。
少し下に落ちた鼻先が上に持ち上がり、アップノーズになりました。
鼻先の下部から鼻柱にかけては、鼻中隔延長で移植した軟骨を除去したため上に持ち上がっています。

アップノーズになりましたが、鼻の穴の見え方はあまり変化していません。

鼻先と鼻中隔軟骨のつながりをなくしましたので、今後鼻先は柔らかくなっていきます。

通常の耳介軟骨移植の場合は、この先大きな形の変化はありませんが、鼻中隔延長を戻した手術の場合、半年から1年のうちに鼻先がつぶれてくることがあります。

移植した耳介軟骨が吸収されるのではなく、土台の鼻翼軟骨が奥に沈みこんでしまうためです。

今回はこの沈みこみが少ないように工夫しています。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。

手術概要

こちらのモニター様は3年半前に当院で一度耳介軟骨を移植しています。
その際、鼻中隔延長した軟骨を全摘出したため、土台となる鼻翼軟骨がつぶれて低くなってしまったため今回の移植が必要になりました。
特に右の鼻翼軟骨の沈み込みが大きかったようで、鼻先の形も左右非対称になっていました。

今回は右鼻孔(向かって左の鼻の穴)が少し下がる様に変則的な形にして移植しました。

1回目に移植した耳介軟骨自体は、移植した時と同じ厚みを保っていましたので、今回は1回目に移植した軟骨の下に新たに耳介軟骨を移植しました。

通常、耳介軟骨を移植した後は、鼻先の形は何年経ってもほとんど変化しませんが、鼻中隔延長を戻した(軟骨全摘出)後の再移植なので、今後は1~2年様子を見ていく必要があります。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。