額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



鼻中隔延長

他院修正で満足出来なかった方へ

手術概要 | カウンセリングから手術までの流れ | 治療経過とアフターケア | Q&A | 症例写真

鼻中隔延長が向いている方とは

  • 鼻が短い
  • 小鼻が目立つ

手術概要

鼻中隔延長 オープン法

鼻中隔軟骨に耳介軟骨、または鼻中隔軟骨、肋軟骨を移植して延長し、移植した軟骨の先端に鼻翼軟骨を縫合し、 鼻先全体を下方向、斜め下、まれには前方(高くする方向)に延長します。

鼻翼軟骨を確実に移植した軟骨に固定するために、鼻柱を切開するオープン法で行います。

鼻中隔延長 クローズ法(鼻柱延長術)

鼻中隔軟骨に軟骨を移植して延長します。
オープン法と違い、鼻翼軟骨全体を動かすのではなく、鼻翼軟骨の内側脚(鼻柱の部分)を下方向に伸ばします。
鼻柱部のみを下げる場合に行います。

クローズ法(鼻柱を切開しない方法)で行いますので、傷は外から見えません。

鼻柱延長術の詳細ページ

鼻中隔延長術のイメージ(赤い部分が延長する軟骨です)

実際に当院で鼻の手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。
詳しくは院長ブログをご覧ください。


カウンセリングから手術日までの流れ

  1. 初回カウンセリング
    (初回カウンセリングと同日の手術は行っておりません。現在服用されている薬がございましたら、医師にお伝え下さい。)
  2. 血液検査(手術の1週間前までに行って下さい)
  3. 手術日を予約した日から3日以内に予約金をお支払いください(お振込も可能です)。
  4. ご手術当日に御来院ください。

手術当日の流れ

  1. 術前カウンセリング
  2. 洗顔後、手術前後を比較するため写真撮影をします。
  3. 問診・血圧等測定・鼻の消毒(現在服用されている薬がございましたら、事前に医師にお伝え下さい)
  4. 鼻と両耳に局所麻酔を行います。鼻中隔延長術は手術時間が長いので、静脈注射を併用する方が多いです。(別途20,000円)

    痛くないポイント

    当院では33ゲージという極細の針を使用していますので、痛みはあまり感じません。
    (通常美容外科での使用サイズは30ゲージですが、当院ではそれより更に極細の33ゲージの針をオプションではなく通常使用しています。それ以外にはご希望により35ゲージの針のご用意もあります。別途5,000円)

治療経過とアフターケア

手術時間 約3時間(カウンセリングや準備等で別途1時間かかります)
麻酔 局所麻酔(ご希望により静脈麻酔のご用意もあります)
使用する針のサイズ 33ゲージ(希望により35ゲージも可能別途5,000円)
腫れ 2週間
固定 ギプス固定5日~6日
抜糸 4〜7日目
洗顔 抜糸翌日から
シャワー シャワーは翌日、入浴は抜糸後
治療期間・通院 2~7日間数回に分けて治療、手術から2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後
(術後診察に診察料は掛りません)

Q&A

Q. 延長した鼻先は変形しますか?

A. 曲がったりすることは少ないですが、鼻先が元々伸びにくい方は鼻先の皮膚が薄くなり、移植した軟骨が透けて見えることがあります。

Q. 鼻先が伸びない人はいますか?

A. 伸びない方はありませんが、鼻先の皮膚が硬く伸びにくい方は、鼻孔縁下降などの手術を併用して鼻先が伸びるようにします。

Q. 鼻先に違和感はありますか?

A. かなり硬くなります。硬くなることが前提の手術なので、このことをよく理解してから手術を受けた方がいいです。

症例写真

手術概要

鼻中隔延長術の4年後です。
鼻中隔延長で鼻が伸びるのは4~5mmですが、印象はかなり変わります。
鼻先の曲がりもなく、順調な経過です。鼻尖縮小は行っていませんが、鼻先もすっきりしています。

オープン法で行いましたが、傷跡は全くわかりません。
小鼻がまだ肉厚でボリュームもあるので、鼻孔縁挙上術(小鼻のフチを上げる手術)を行うと、小鼻がすっきりし、もっとバランスがよくなります。

このモニター様の詳しい経過はこちら

手術概要

鼻中隔延長、鼻尖縮小、I型プロテーゼを受けられています。
鼻中隔延長は耳介軟骨を使い、オープン法(鼻柱切開)で手術を行いました。

プロテーゼは最大厚で約4mmです。

   この方は皮膚が薄くて硬いタイプなので延長量は少し控え目です。
アジア人は鼻柱が短かい場合が多く、この手術の適応になる方が鼻の相談の中では結構いらっしゃいます。
しかし、簡単な手術ではありませんので、適応になる方全てが手術を受けるわけではありません。

鼻尖縮小でも鼻や耳の軟骨を鼻先に移植しますが、鼻中隔延長の手術は、鼻先の軟骨や皮膚全体を下に向ける手術なので、全く違った出来上がりとなります。
術(小鼻のフチを上げる手術)を行うと、小鼻がすっきりし、もっとバランスがよくなります。

このモニター様の詳しい経過はこちら