額ヒアルロン酸 眉上切開

診療案内

院長ブログ

東京ミッドタウン隣接
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口より徒歩4分

地図

診療時間 10:30〜19:00
休診日 : 木曜・日曜・祝日



目の下のタルミ切除

手術概要 | カウンセリングから手術までの流れ | 治療経過とアフターケア | Q&A | 症例写真

他院修正で満足出来なかった方へ

目の下タルミ切除が向いている方とは

  • 下瞼の皮膚が余っている
  • 下瞼のシワを取りたい
  • 涙袋の下のふくらみを取りたい
  • 下瞼に脂肪がたまっている
  • タルミの下がクマになって疲れて見える

手術概要

下眼瞼切開法は、加齢とともに重力や眼輪筋(目の筋肉)の衰えによってできる下まぶたのタルミを切除することにより、シワ、タルミを解消する治療です。
たるんだ眼輪筋を引き上げ、筋肉にふくらみを持たせることにより、涙袋を作ることも可能です。
下まぶたの窪みが目立つ時は、眼窩脂肪を移動させたり(ハムラ法)、脂肪を移植する場合もあります。
傷跡は個人差があり、全く見えない方と、白いラインが少し残る方もありますが、残ってもそれほど目立ちません。


カウンセリングから手術日までの流れ

  1. 初回カウンセリング(初回カウンセリングと同日の手術は行っておりません)
  2. 血液検査(手術の1週間前までに行って下さい)
  3. 手術日を予約した日から3日以内に予約金をお支払いください(お振込も可能です)
  4. 遠方の方は、手術当日はクリニックの近くにご一泊してください。
    近くのホテルについてはスタッフにお問い合わせください。

手術当日の流れ

  1. 術前カウンセリング
  2. 洗顔後、手術前後を比較するため写真撮影をします。
  3. 問診・血圧等測定(現在服用されている薬がございましたら、事前に医師にお伝え下さい)
  4. 下瞼に麻酔をします

    痛くないポイント

    • 術前に痛み止めと軽い安定剤を服用していただきますので、緊張、痛みはあまり感じません。
    • 当院では33ゲージという極細の針を使用していますので、痛みはあまり感じません。
      (通常美容外科での使用サイズは30ゲージですが、当院ではそれより更に極細の33ゲージの針をオプションではなく通常使用しています。
      それ以外にはご希望により35ゲージの針のご用意もあります。別途5,000円)
    • *術中に目の開きや幅を何度か確認いたしますので、静脈麻酔の使用はお断りさせていただいております。
  5. 下まつ毛の際を切開します。
    余分な皮膚を切除し、必要があれば眼輪筋を吊り上げます。
  6. 将来的に下瞼にへこみがでないと判断した時には、余分な眼窩脂肪を切除します。
    へこみが出る方は脂肪移動術(ハムラ)やタルミが多い方はミッドリフトを行います。
  7. 術中に皮膚の余り具合や下瞼の引き上げの強さを確認し、外反しないように調節します。

治療経過とアフターケア

手術時間 約120分(カウンセリングや準備等で別途1時間かかります)
麻酔 局所麻酔(術中に幅や目の開き等を確認する為、静脈麻酔は使用できません)
使用する針のサイズ 33ゲージ(希望により35ゲージも可能別途5,000円)
腫れ 大きな腫れは3~5日、1週間目から社会復帰が可能
出来上がりまでは6ヶ月
抜糸 4・5・6日目のいずれか
治療期間・通院 抜糸後手術から2週間後、1ヶ月後、3カ月後、半年後、1年後
(術後診察に診察料は掛りません)

Q&A

Q. 傷跡は目立ちますか?

A. 傷跡には非常に個人差があり、ほとんど残らない方もありますし、少し残る方もあります。残った場合、傷はそれほど目立たちませんが、全くなくなることはありません。やはり、傷は少し残ると思って手術を受けるべきでしょう。単純皮膚切除よりも眼輪筋つり上げを併用すると、傷に直接負荷がかからないので、傷はよりきれいになります。

Q. 目の下の脂肪が気になります。目の裏からする脱脂の手術と皮膚切除をするタルミ取りをどちらを選択すればいいでしょうか?

A. 明らかな皮膚の余りがある場合は、タルミ取りを行った方が改善度が高いです。皮膚のシワやタルミが残ってもかまわないという場合は、皮膚に余りがあっても目の裏からの脱脂術を行ってもいいでしょう。

Q. 以前、下瞼を切開してタルミ取りを行いましたが、涙袋がなくなって平坦な目の下になってしまいました。元の涙袋がある立体的な形に戻す事は可能ですか?

A. 単純皮膚切除術を行うと平面的な目の下になりやすいです。眼輪筋つり上げを行って目の下を斜め上方向に持ち上げれば、立体的な涙袋ができて、以前の目の下に近い感じになります。手術以外では、ヒアルロン酸を注入すれば少し改善させる事も可能です。


実際に当院で手術を受けられたモニター様の写真をブログで多数紹介しております。
詳しくは院長ブログをご覧ください。

症例写真

目の下タルミ取り+眼輪筋つり上げ 62歳 女性

下瞼脂肪除去 経結膜下脱脂 33歳 女性

治療概要

10年前にも目の下のタルミとりの手術を受けられています。脂肪のふくらみとその下のヘコミが目立ちます。余分な脂肪と皮膚を切除し、眼輪筋つり上げ術を行いました。脂肪のふくらみの下のヘコミも強いので、ハムラ法(脂肪移動術)の適応もありましたが、今回は行っていません。術後2年経過していますが、効果が維持されています。眼輪筋つり上げ術は今回の様に涙袋のふくらみを作る事ができますので、目の下が立体的に仕上がります。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。

目の下タルミ取り+眼輪筋つり上げ 56歳 女性

下瞼脂肪除去 経結膜下脱脂 33歳 女性

治療概要

目の下のタルミと小ジワが気になるため、皮膚切除、眼輪筋つり上げ術を行いました。今回は、涙袋がなるべくできない様にとの希望のため、皮膚切除を多めに行いました。通常は少し皮膚に余裕を持たせて涙袋がふくらむ様に調節しますが、今回の様に涙袋を作らず、小ジワがなるべくとれる様に調節する事も可能です。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。

目の下タルミ取り+眼輪筋つり上げ 53歳 女性

下瞼脂肪除去 経結膜下脱脂 33歳 女性

治療概要

下瞼の眼輪筋つり上げ術を受けられました。他院で目の下にヒアルロン酸注入を受けていらっしゃいました。皮下に大量にヒアルロン酸が注入されていたため、ぼっこりとふくらんでいました。こういった場合、通常は術前に前もってヒアルロン酸を溶かしてから手術を行いますが、溶かしている時間がないという事で、術中に溶かしました。溶かしてみると、ヒアルロン酸注入でふくらんでいた部分が逆に大きくへこんだため予定を変更し、脂肪移動術(ハムラ法)を追加で行いました。下瞼のクマにはヒアルロン酸注入も通常は効果もありますが、今回の様に浅い層(皮下)に大量にヒアルロン酸を注入すると、逆にぼってりした感じになってしまいます。こうなった場合は、一度リセット(溶かして)した上で、手術法や再注入の方法を検討する必要があります。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。

目の下タルミ取り+眼輪筋つり上げ+ハムラ 58歳 女性

下瞼脂肪除去 経結膜下脱脂 33歳 女性

治療概要

眼輪筋つり上げと脂肪移動術(ハムラ法)を行いました。目の下の脂肪のふくらみの下が大きくへこんでいるため、脂肪移動術を併用しました。眼輪筋のつり上げ術のみでもへこみを改善させる効果はありますが、へこみが大きい場合は、脂肪移動術を併用した方が改善度が高くなります。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。

目の下タルミ取り+眼輪筋つり上げ 31歳 女性

下瞼脂肪除去 経結膜下脱脂 33歳 女性

治療概要

眼輪筋つり上げ術と眼窩脂肪切除の3ヶ月後です。
単純皮膚切除との違いは、外反(あかんべー)が出にくい事や、傷に力がかからないので傷がきれいに治る事、涙袋がなくならないので、立体的な目元になる事です。

こちらのモニター様の経過について書かれたブログです。